« 絵を描く時の道具 | トップページ | 自分流の絵の描き方 »

2006年6月17日 (土)

自分の絵の構図のとりかた

今回はこちらのブログを見にきて頂いた方から

ご質問で、〝自分の絵の構図のとりかたはどうしてるの??〟

とありましたので、こちらで少し自分流の描き方を載せてみます。

 

・・・とはいっても文にすると非常に簡単なような気がしますが・・

今回の描き方は人物込みの一枚絵を想定しています。

①まず頭の中で何を描きたいか(テーマなど)を決める

 

②そしてテーマが決まったら、そのテーマにそった

人物を真っ白な紙のどこかに描いてみる。

 

③まずこの状態(紙の上には人物しか描いていません)で

少しジーット紙を見ます。

 

④自分はここで、先ほど決めたテーマを頭にいれつつ

すでに描いてある人物(もちろんラフ)以外の余白の部分に

そのテーマにあった風景をどう描いていくか頭で考えます。

 

⑤だいたいの描きたい風景が決まったら、まず今回の

テーマで一番重要だと思われるキーとなる風景、

たとえば大自然をバックに描きたいと思えば、1本大きな

木を描くですとか、建造物の入った風景を描きたいと思えば

一番目立つであろう建物をまず初めに余白部分の

どこかに配置します。

 

⑥ここで自分とそのキーとなる物との相性を確かめます。

ここで上手く相互が配置できないと、何度もやりなおし

納得いくまで考えます。

 

※この⑤の作業が自分の中で納得がいかないまま

作業を進めてしまいますと、頑張っても途中で

その絵は上手くいかなくなるでしょう・・(自分は)

 

⑦ここで画面にはメインとなる人物とキーとなる

風景が描いてある状態になります。

 

⑧後は簡単でその人物とキーとなる風景が上手く

つながるように、その他の余白部分を今回のテーマを

もとに〝埋めていく〟感じです。

 

※この〝埋めていく〟という作業のポイントとしては

あまりこの部分には情報を詰め込まないこと・・・です。 

 

基本的な全体の一枚絵にいえる事ですが、画面の様々な

場所に情報がある(目立つ場所がある)と、画面をパット見た

時に、落ち着きの無い絵になってしまいます。

 

⑨ここで基本的には画面全体が埋まります。

理想としては、初めこの絵を見た人が、パットとメインとなる

人物に目が行き、そのあとキーとなる風景が目に入って

くると良いと思われます。 

 

⑩こうして①~⑨までの作業(ここまではラフの線画)をもとに

ライトボックスなどでトレース、→線画終了となります。

 

まーーーーこんな感じで構図を含め始めの線画を

完成させます。

どんなもんでしょうか??

皆さんはいったい、どう線画を描きますかね?

|

« 絵を描く時の道具 | トップページ | 自分流の絵の描き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絵を描く時の道具 | トップページ | 自分流の絵の描き方 »